FC2ブログ
明日の私を見つける旅
遍路や旅行の記録、おいしいレシピを探す日々
今、一番見たい映画
ミツバチの羽音と地球の回転
あなたはこれからのエネルギーを
どう考えますか?
プロフィール

花浅葱

Author:花浅葱
写真と旅を愛する名古屋人。
2010年4月より学生になり、
2012年4月、就職すると同時に
大学に編入、2015年3月に
卒業しました。
ゆる〜く更新しています♪

カテゴリ
ブログ内検索
お願い
このブログはリンクフリーです。ブログ内で使用されてる写真および文章の転載・転用等、二次使用をご希望の際は、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
お気に入りのレシピ本
最近の記事
最近のコメント
ブログで植林?
過去の記事を月別で♪
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

counter
リンク
RSSフィード

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

2014.04.23_00:26
23日未明、
祖母が息を引き取りました。

前日は夜からの仕事でしたが、日中の様子を聞いて
夕方病院へ入り、その時はまだ私の声掛けに対し
返事をすることができていました。
この頃は見舞いに行ってもほとんど目を閉じており、
この時お互いの目をしっかり見て意思の疎通が図れたことで
久しぶりに祖母と心を通わせることができたように感じました。

急を要する状態なのか、判断するのが難しく
仕事を休むべきかどうかで悩みましたが、
何となくその場を離れてはいけないような気がして
職場に連絡を入れました。

母と二人、その夜は祖母の側にいようと決めたのです。

兄にもメールで容態を伝え、兄は仕事を終えてから駆けつけました。
そして兄は家族を呼び寄せて、祖母はひ孫たちにも会うことができました。

その間、少し肩呼吸なったように見えましたが、
兄の一家も帰り、時間は過ぎて行きました。

23日の0時頃、看護師さんたちが体位変換をしに来てくれました。
体位変換をした後、痰吸引をしてから
祖母の呼吸が乱れるようになりました。

それからしばらくして、

祖母は息を引き取りました。
母と私に両手を握られ、穏やかな最後でした。

長い関わりを持てたおかげで、私のなかには
祖母に対する後悔はありません。

その時間をくれた祖母に、感謝したいと思います。
ばあちゃんは、私たちをいつも受け入れてくれたね。
ありがとう。

亡くなった祖母の顔は笑っていました。
きっと祖父や亡くなった子供たちに、会えたんだと思います。


web拍手 by FC2

この記事へのトラックバックURL
http://fineviewfree.blog.fc2.com/tb.php/996-b12af497
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。